見た目が若々しい人と老ける人の違いとは

見た目が若々しい人と老ける人の違い

見た目が若々しい人と老ける人の違いとは header image 2

不平不満を毎日言っていると早く老けるのか

2014年01月31日 · コメント(0) · 未分類

 

af9920061848l

 

その昔、万葉集が言うように、日本は「言霊のさきはう国」と言われ、人々は神の分身であり、その神が話す言葉には並々ならぬ威力が込められていると考えられていました。現代のように科学化が進んだ時代では、言葉の霊性を感じている人はほとんどいないようですが、科学的な観点から、話す言葉のパワーを検証している人がたくさんいます。例えば、近年有名な方では、江本勝さんなど、水の結晶を使った実験があります。これは、「愛している」とか「好きです」と言った幸せ言葉をかけた時の水の結晶と、逆に不平不満や、忌み言葉を聞かせた水の結晶を比べてみるというものでした。後者は顕微鏡で見た水の結晶の形も悪く、ばらばらであったのに対し、前者は、見事な水の結晶が観察されたそうです。また、同じように、植物にポジティブな幸せ言葉をかけて育てたもの、不満や文句を浴びせて育てたものを比較すると、やはり、ポジティブな言葉で育てられたものほど活き活きと成長するのです。これらの実験から、人の話す言葉には、自分を含めた細胞を活性化させたり、同時に老けさせたりするパワーが込められていることが分かります。実際に、不平や不満を言っている人は、どんどんと人から敬遠されるもの。人も心の奥底では、言葉の持つパワーやエネルギーを感じ取っていると言えます。使う言葉を少しポジティブにするだけで、実際に若返った気持ちになれます。言葉と人生態度は密接に関係がありますし、それは人の細胞にも働きかけてくるものと言えます。

タグ :